イングロリアス・バスターズ

監督・脚本:クエンティン・タランティーノ(2009 米)
出演:ブラッド・ピットメラニー・ロラン

1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげていた。やがて彼らはパリでの作戦を実行に移す。(Yahoo!映画より)

なかなか衝撃的な映画だった。これまでのタランティーノ映画のようにいろんな要素を詰め込んだ娯楽映画であるが、どういう気分で見たらいいのかわからなかった。考えてみるような作品ではないので私の見方が悪いのだろうけども、ここまで映画のために史実を無視した映画は他にない、とか、頭の皮をはぐかー、はいじゃうかー、とか、章立てでコロコロ雰囲気を変えるところとか、いろいろ過剰に思える。それが監督らしさと言えばそのようにも思えるが、その辺をどう思うかでこの映画への評価が分かれるんではないか。「パルプ・フィクション」「レザボアドッグス」ではもうちょっとすっきりしてたと思うんだよなー。
ショシャナ役のメラニー・ロランはどこかで見たと思ったら、「オーケストラ!」でバイオリニスト役をやっていた女優さんでした。