知の武装~救国のインテリジェンス 

世界の「解読法」、教えます。
ニュースを鵜呑みにしていては、その「深層」はつかめない。激動の世界を生き抜くには、知性〈インテリジェンス〉が必要だ――
東京五輪と舞台ウラ、金正恩の本音、プーチンの「倍返し」、安倍首相の「誤解」、CIAの内側など、最新国際情勢から諜報の基礎まで、「プロの読み」で徹底解説!

佐藤優と手嶋龍一の対談をまとめた新書。外務省では創価学会員のリストがあるらしい。究極の選択でどちらを選ぶかというところには興味があったが、政府でも考えているというのは心強い。
「孤高の露探ー石光正清」では、明治から大正にかけて諜報活動に従事した石光正清についての話があった。この人については全く知らなかったが、『坂の上の雲』の主人公になってもおかしくない、ボーン・トゥー・ビー・スパイという感じの経歴である。私費でロシアのブラゴヴェシチェンスクというところに留学してそのまま情報を探り続けたらしい。
ちょうどこの本を読んだ後に、以前から気になっていた祖父の自伝原稿を読んだのだけども、祖父が最初に派兵された場所が満州で、川を挟んでブラゴヴェシチェンスクが見える、と書いてあってちょっと鳥肌が立った。シンクロニシティーである。ちなみに祖父はその後すぐに内地に戻され、神奈川かどこかの電信学校?に通った後、陸軍中野学校に入った様子。戦中から戦後にかけての話がリアルでした。

知の武装: 救国のインテリジェンス (新潮新書 551)

知の武装: 救国のインテリジェンス (新潮新書 551)

 

 

インテリジェンス人間論

 権力者はだから面白い。外務省在籍時代に間近で接した、歴代総理やロシア首脳の意外な素顔、さらには誰もが知る歴史上の人物の精神にひそむ生々しい野心と欲望に、インテリジェンスの視点から切り込んだ異色の人物論集。国際政治の最前線で、外交の武器となる人間観察力を磨いた著者ならではの、ディープな知見と圧倒的な筆力で驚くべき、でも愛すべき権力者の真実の姿を炙り出す。

鈴木宗男を皮切りに、橋本龍太郎小渕恵三森喜朗など日本の歴代首相たち、またロシアのエリツィンプーチンなどのロシア首脳のエピソードが次々と出てきて興味深い。日頃目にする政治ニュース、その裏にも当然ながら人がいて、その人々の動きが政治という結果になるという当たり前のことを再認識した。

インテリジェンス人間論 (新潮文庫)

インテリジェンス人間論 (新潮文庫)

 

 

トラや

マーシャルに来た2006年から飼っていた犬・トラが昨日永眠。享年13歳。家の裏に埋葬。

ここからトラを偲ぶ文章を滔滔と書き連ねるつもりだったが、まじめに考えると悲しくなってしまうので、軽い気持ちでごまかしていきたい。

気持ちを紛らわせるには音楽だろうと車中で聴いていたら、ジャニスのTurtle bluesがあったので、Tora Bluesがあってもいいなと、作詞作曲に挑戦しようと考えたが、家に帰るとはるかさんが予想外の号泣でそれどころではなかった。大きくなりましたね。

 


Janis Joplin Turtle Blues

 

それで今朝もTora Bluesに代わるなにかを求めて車を運転しながら考えていたら、「トラは死んじまっただ」というのを思いついたのだが、どうだろうか。

 


帰って来たヨッパライ

 

どうだろうかと言っても家では不謹慎すぎてなかなか口にできない。そのくらいの分別は私にもある。しかし、本家から一文字だけの変更で見事にはまる替え歌である。なんというか曲のノリもあわせてすごく良い。コータローなんかノリノリで踊り出しそうである。私も今すぐトラで、いやトラではなくトラだけどソラで歌える。トラだけど!トラじゃなかった!である。

こういうことを思いついてすぐ誰かに話したがるのは頭の悪い証拠であるなあ、と自覚はしているのだけどなかなかやめられない。やめられないから頭が悪い。それでもやっぱり家族でシェアするのはもう少し待とうと思う。今じゃない。

 

夢のヤシガニ牧場

昨年末、知り合いからヤシガニをもらいました。約10匹。
 

f:id:enamel:20190111081342j:plain

確保されたヤシガニたち。

f:id:enamel:20190111081415j:plain

マジュロでもちょっと珍しい。
 
ヤシガニの調理方法はいたって簡単で、鍋にぶち込んで茹でるだけ。暴れるのでフタを押さえていないと大変なことになります。
 

f:id:enamel:20190111081450j:plain

すっかりゆであがったヤシガニさん。
 
というところまでは会社のブログにも書いたのですが、この話には続きがありまして。もらったのは約10匹。食べたのは2匹。残りをどうしようかという話。そんなに食べられないし。
 
ということで、自宅の敷地内で飼ってみました。8匹。
 

f:id:enamel:20181216073941j:plain

早速引きこもるヤシガニ

f:id:enamel:20190111081610j:plain

単純に甲殻類としてかっこいい姿。
ちなみにヤシガニは英語でもCoconut Crabですが、ココナッツだけ食べるわけではなく、雑食です。雑食過ぎて食べ物によっては身に毒があることもあるそうです。力も結構強く、天敵も特にいません。やりたい放題ですね。
 
さて、ヤシガニ牧場!と喜んでいましたが、脱走の名人でもあるんですね、ヤシガニ。つないだ紐をはさみで切ったのか、こすって切れたのかわかりませんが、2匹は脱走に成功したようです。でも自宅の敷地にヤシガニがいるかもしれないと思うと、夢がありますね。
 
あと、寒いと死んでしまうんですよね、ヤシガニ。天敵は寒さでした。クリスマス前に寒い日が続いたので、2匹死んでしまいました。
 
結局、残ったヤシガニたちを死なせてしまうのももったいないので、1匹を従業員に、1匹を在住日本人に、2匹をマーシャル人と結婚した日本人にあげて、みんないなくなりました。そして誰もいなくなった。夢のヤシガニ牧場終了。今回の経験を今後に生かしていければと思います。

久しぶりにハワイに行ってきました。

昨年末は意外と仕事が入っていなかったので、久しぶりにハワイに行ってきた。
今回はコータローのマーシャルでの元クラスメイトの家族と会うという予定が入っていたので、先方のお父さんが迎えに来てくれたり、携帯のSIMを貸してくれたりといろいろと良くしてくれた。ありがたい話です。

続きを読む

イングロリアス・バスターズ

監督・脚本:クエンティン・タランティーノ(2009 米)
出演:ブラッド・ピットメラニー・ロラン

1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげていた。やがて彼らはパリでの作戦を実行に移す。(Yahoo!映画より)

なかなか衝撃的な映画だった。これまでのタランティーノ映画のようにいろんな要素を詰め込んだ娯楽映画であるが、どういう気分で見たらいいのかわからなかった。考えてみるような作品ではないので私の見方が悪いのだろうけども、ここまで映画のために史実を無視した映画は他にない、とか、頭の皮をはぐかー、はいじゃうかー、とか、章立てでコロコロ雰囲気を変えるところとか、いろいろ過剰に思える。それが監督らしさと言えばそのようにも思えるが、その辺をどう思うかでこの映画への評価が分かれるんではないか。「パルプ・フィクション」「レザボアドッグス」ではもうちょっとすっきりしてたと思うんだよなー。
ショシャナ役のメラニー・ロランはどこかで見たと思ったら、「オーケストラ!」でバイオリニスト役をやっていた女優さんでした。 

 

2019年です。

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

新年早々暗い話題で恐縮ですが、というか昨年末の話ですが従業員が一人、わりと仲良くしていたやつが急死しまして、ちょっとバタバタしていました。しばらく会社を休んでいたのでどうしたのかなと思っていたのですが、まさか死んでしまうとは思いませんでした。
こちらのことなので当然死因などはわかるはずもないのですが、他の従業員によれば脱肛?脱腸?になったと聞いてすぐ亡くなったと。ちなみに腸が出てきてしまう状態をこっちの人はスネークと呼ぶらしいのですが、そのスネークが3センチくらいなら薬で直る、10センチくらいになってしまうと死ぬ、というのが常識のようです。
亡くなった従業員はかなりのシャイ・ガイだったので、おしりを他の人に見せるのが嫌で病院にも行かず悪化させてしまい、そのまま家で亡くなったのでしょう。
病院に行けば助かったかもしれないのに、バカだなー、残念だなー、とも思うのですが、長生きしたところでそんなに良いこともないのかもしれないし。いやそんなことはないなんか良いことあるでしょうとも思いますがこれと言って思い浮かびません。この辺り死生観も違うでしょうし適当なことしか言えませんが、まあなんか今までより良い所に行ってることを願うばかりです。