アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

監督:アンソニー・ルッソジョー・ルッソ(2018 米)
出演:ロバート・ダウニー・Jrクリス・エヴァンスマーク・ラファロクリス・ヘムズワーススカーレット・ヨハンソンジェレミー・レナードン・チードル

それぞれ異なるパワーを持つインフィニティ・ストーンが六つそろうと、世界を滅ぼせるほどの力が得られるという。アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、キャプテン・アメリカクリス・エヴァンス)、スパイダーマントム・ホランド)らアベンジャーズはほかのヒーローたちと共に、インフィニティ・ストーンを手に入れようとたくらむサノス(ジョシュ・ブローリン)に立ち向かうが……。(Yahoo!映画より)

 サノース!最強の敵!よくわからないけど強い!さらになんとかストーンも手に入れちゃって、つ・よ・いー!アベンジャーズ、ピーンチ!という映画。
そのほとんど主人公といえるサノスは、イカれた理由でイカれた目標に邁進するという一番厄介な悪役で、それが強いんだから鬼に金棒、気ちがいに刃物である。義理の娘が最愛の存在として描かれているが、世間一般的には石のために犠牲にできる人は最愛の存在とは言わない。自分で自分を哀れんだりできる、自己愛が強すぎるタイプである。また彼の持つ石をはめるグローブ(インフィニティ・ガントレット)も、石を揃えて指を鳴らすと「全宇宙の生命を半分にすることもできる」という迷惑な機能を備えていて、相当キテる。なんで?どうやって?とかどうでもよくなるくらい迷惑だ。そんな機能いらない。
対するアベンジャーズ側は、相変わらず切羽詰まるまで仲が悪かったり新しいメンバーが増えたりするが、サノスの出鱈目さの前ではインパクトが弱かった。細かいとこを気にせず見れたともいう。
唯一気になったのはヴィジョンで、石とるなら早くしろと。人一人の命は地球よりも重いとは言うけども、さすがに全宇宙の半分の命と比べるのはどうなのよ?しかも石とらなくてもサノス来たらやられる確率アップ!さらにやられなくても石を取られたら1/2の確率で消されるわけで、ワンダと付き合ううちにそんな簡単な計算もできなくなったのか、というのは冗談にしても、考えるまでも無くさっさと外すべき。

そして結末は、言うまでも無く次作へ持ち越し。シリーズ最終章ということで、これ一本で完結しないのはやむを得ないことではあるが、映画館で見てたら続きが気になってたまらない。アマゾンで見れて良かった。

 

スパイダーマン:ホームカミング

監督:ジョン・ワッツ(2017 米)
出演:トム・ホランドマイケル・キートンジョン・ファヴローマリサ・トメイロバート・ダウニー・Jr

15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、まるで部活動のようなテンションでスパイダーマンとして活動していた。まだ若い彼の才能に気付いたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、ピーターを真のヒーローとして育てようとする。スタークに新しいスーツを新調してもらったピーターは、意気揚々と街へ乗り出し……。(Yahoo!映画より)

 スパイダーマンといえば「スパイダーマンスパイダーマン♪」のオープニングのアニメしか見たことはなく(どこで見たのかは不明)、バットマンの次くらいに暗いヒーローというイメージしかなかったが、『シビル・ウォー』からの流れで鑑賞。

 


Spiderman - Opening (1967)


結果期待を裏切る明るいノリで楽しかった。アイアンマンとも深くかかわっているのでトニー・スタークによるところも大きい。スパイダーマンは過去にも何本か映画があるが、路線変更して仕切り直しということなのだろう。上述OPのメロディーがアレンジされていたのも良かった。
敵役(最近ではヴィランというらしい)のマイケル・キートンはいかにもキレやすそうなオヤジで怖い。いつキレるかわからない。血圧高そう。ここだけ真剣。そのわりにやってることは規模が大きいようなせこいような、なんだかよくわからない悪党だった。こんなのが彼女の父親だったらさぞ大変な思いをするに違いない。
エンディングのラモーンズも良かった。Let's Danceの方が好きなんだけど、Blitzkrieg Bopはアイ!オー!レッツゴー!の掛け声が爽やかで、映画に似合っていた。

 

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

監督:アンソニー・ルッソジョー・ルッソ(2019 米)
出演:ロバート・ダウニー・Jrクリス・エヴァンスマーク・ラファロクリス・ヘムズワーススカーレット・ヨハンソンジェレミー・レナードン・チードル

アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカクリス・エヴァンス)。しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが甚大な被害を及ぼしたことが問題になる。さらに、それを回避するためにアベンジャーズは国際的政府組織の管理下に置かれ、活動を制限されることに。アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はこの処置に賛成するが、自発的に平和を守るべきだと考えるキャプテン・アメリカはそんな彼に反発。二人のにらみ合いが激化していく中、世界を震撼させるテロ事件が起きてしまう。(Yahoo!映画より)

 正義の味方の活動を制限する協定を認める派と認めない派による争いのはずが、いつのまにかバッキーを助けるか否かにすり替わった感がある。誰だよバッキーって。バッキー木場しか思い浮かばない。他にワンダとビジョンの痴情のもつれや、アントマンやらスパイダーマンやらの新人を巻き込んで争っていた。

バッキーとかその後の展開とか、キャプテン・アメリカを見てから見るべきだよな、と思ったらこの映画はアベンジャーズじゃなくてキャプテン・アメリカの続編だった。気がつかなかった。そりゃ内容がわからないわけだ。コメディ要素が少ないことにも納得。だからソーとハルクは呼ばれなかったんだな。 

 

 

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

監督:ジョス・ウェドン(2015 米)
出演:ロバート・ダウニー・Jrクリス・エヴァンスマーク・ラファロクリス・ヘムズワーススカーレット・ヨハンソンジェレミー・レナードン・チードル

人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、平和維持システムとしての人工知能“ウルトロン”を誕生させる。人類を脅威から守るために完成させたウルトロンであったが、平和を脅かす唯一の存在は人類だと結論付け、抹消しようとする。(Yahoo!映画より)

 トニー・スタークの勇み足によって生まれた人工知能ウルトロンを、紆余曲折しながらもヒーローが力を合わせてやっつける話。ワンダとヴィジョンが登場。
いうまでも無くアベンジャーズは右を向けばキャプテンアメリカ、左を向けばアイアンマンと、画面にはヒーローばかりが出てくる。ヒーローでおなかいっぱいになるところだが、「ヒーロー」がゲシュタルト崩壊を起こすうちに必然とヒーローとはなにか、何をもってヒーローとするか、ということが問われてくる。これを担当したのがトニー・スタークであり、ホークアイがワンダを励ます場面がアベンジャーズなりのこれに対する答えであるように思う。超人的な特殊能力を持たないホークアイ(それでも十分超人的ではある)に語らせるところがニクいところ。

Doesn't matter what you did, or what you were.

If you go out there, you fight, and you fight to kill. 

 

キングスマン・ゴールデン・サークル

監督:マシュー・ヴォーン(2017 英=米)
出演:コリン・ファースジュリアン・ムーアマーク・ストロングタロン・エジャトンジェフ・ブリッジス

謎の組織「ゴールデン・サークル」によって、ロンドンにある高級スーツ店を隠れみのにしたスパイ組織「キングスマン」の根城がつぶされてしまう。残ったのは、以前スカウトされて腕を磨いたエグジータロン・エガートン)と、教官でありメカ担当のマーリン(マーク・ストロング)だけだった。二人は敵を追い、同盟組織の「ステイツマン」の協力を求めてアメリカへ渡る。(Yahoo!映画より)

 キングスマンの続編。このところアベンジャーズキングスマンを交互に見ているので記憶があやふやだが、有能なマーリンを見ていろいろと前回を思い出した。キングスマンを一人で支えるマーリン、かっこいい。いやでも、この人どこかで見た覚えが・・・と思ってウィキペディアで調べたら、『裏切りのサーカス』!コリン・ファースとセットで出てたのだった。髪が生えてたので気付かなかった。マリーン役の方がだいぶかっこいい。
前回は英国内の階級差を描いていたのに対して、今回はアメリカとの文化の違い。敵ボス・ポピーの趣味(人肉ハンバーガー!イェーイ!)やステイツマンの描写でその辺をあらわしたかったんだろうけどもいささか中途半端に終わっている。面白かったのはマリーンとエルジーウイスキーを飲む場面とエルトン・ジョン

 

 

 

アイアンマン3

監督:シェーン・ブラック(2013 米)
出演:ロバート・ダウニー・Jrグウィネス・パルトロードン・チードルガイ・ピアースレベッカ・ホールベン・キングズレー

スーパーヒーローで編成された部隊アベンジャーズの一員として戦い、地球と人類を滅亡の危機から救ったアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。だが、アメリカ政府はスーパーヒーローが国の防衛を担うことを危険視するようになり、それを契機に彼はアイアンマンの新型スーツを開発することに没頭していく。そんな中、正体不明の敵によってスターク邸が破壊され、これまでのアイアンマンが全て爆破されてしまう。何もかも失ったスタークだが、人並み外れた頭脳を武器に孤独な戦いに挑む。(Yahoo!映画より)

 1作目で「私がアイアンマンだ」と言い切ったトニー・スタークは、今作では映画の観客も含む世界の人々が見る偶像としてのアイアンマンと、自らが作った道具としてのアイアンマンの狭間で苦しんでいるように見えた。軽薄なようでなかなか大変な主人公。もちろんその辺は主人公なりに落としどころを見つけたからこそのクライマックスのアイアンマン軍団登場である。心労で眠れない時間も無駄にしない姿勢は見習いたい。が、凡人にはなかなか難しそうである。
つまるところアイアンマンの面白さはトニー・スタークの面白さで、アイアンマン・スーツを知り尽くした開発者ならではのアイデアが感じられるのが楽しいのである。敵ボスの倒し方とか、お金がうなるほどあって頭も良くないと、なかなか思いつけませんよあれは。
クライマックスといえばペッパーの活躍も忘れてはいけない。ペッパーと言いハッピーと言い、今作では大活躍で話を面白くしていた。ちなみにアイアンマンは3で打ち止めということなのでこれ以上彼らの活躍は見れないのだが、だからこそのハッピー&ペッパーの活躍という面もあったのかもしれない。 

 

you're no good

港で日本に送る荷物をコンテナに詰めていたらコンテナのドアにかける南京錠がなかったお昼前という、巷でよくある光景を思い浮かべてほしい。

その場には他の従業員もいたけれど、他にもやることがあったので車で事務所へ戻った。自分の席に戻るまでに従業員Aをつかまえ、マーシャル語で「(倉庫で使ってる)南京錠を持ってこい」とカギを渡しながら伝えた。

自席で他の仕事をしていると、別の従業員B(女性)が従業員Aになにやらまくし立てているのが聞こえる。従業員Bは性格がきつい。従業員Aはおとなしい、を通り越してちょっと何を考えてるかわからない。早くしてくれないかな、急いでるのに。と思いつつ仕事をする。ちなみにいつもはこんなに忙しくない。

しばらくして、いなくなったと思った従業員Aが戻ってきていたが、南京錠を持ってきた様子はない。また従業員Bが従業員Aを詰り始めたので、彼らは放っておいて南京錠は他の従業員に持ってこさせた。いつものことと言えばいつものことだが、忙しい時にやられると腹が立つよね、という話。

以下は後から聞いた話。

従業員Aはボケっと立ちつくしていたので、強い従業員Bは「早くしなさいよ!マーシャル語で言われてなんでわからないの!?あんた何人よ?」と言っていたらしい。

そして従業員Aは事務所を出て行き、しばらくして手ぶらで戻ってきた。また従業員Bが「なんで手ぶらなのよ!?」とかなんとか聞くと、カギを開けただけで戻ってきたのでバカかアホかとさらに罵倒したらしい。

あとになって、他の従業員たちに「従業員Aは何を考えてたのか?」と聞いてみたが、あの状況で何をすべきかわからないというのは理解できないとのこと。私のマーシャル語が間違っていたのではないらしい。そんな話をしていたらBetty EverettのYou're no goodのサビが流れたので、みんなで笑いましたとさ。どっとはらい

 


Betty Everett - You're No Good