甘い生活

監督・脚本:フェデリコ・フェリーニ(1960 伊)
出演:マルチェロ・マストロヤンニアニタ・エクバーグ、アヌーク・エーメ他

 作家志望の夢破れて、今はしがないゴシップ記者のマルチェロは、豪華なナイトクラブで富豪の娘と出会い安ホテルで一夜を明かす。ハリウッドのグラマー女優を取材すれば、野外で狂騒し、トレビの泉で戯れる。乱痴気と頽廃に支配された街ローマ。同棲中のエンマは彼の言動を嘆く。二人で訪れた友人スタイナー一家の知的で落ち着いた暮らしぶりを羨むマルチェロだが、彼らも子連れの無理心中で突如死に、残るは絶望の実感のみ……。F・フェリーニカンヌ映画祭グランプリ受賞作。

目につく度に見てみたいなあと思いながらもなかなか見ない映画というのは誰にもあるもので、私にとってはフェリーニの映画がそれにあたる。ウディ・アレンも褒めたたえているのに、見たことがあるのは「道」くらい。こういうのは月日がたつほど見づらいというか機会を作りづらい。有名なクラシック映画にハズレは少ない(だから有名)という経験則をわかっていてもなかなか手が出ないものである。それでもいつかは見なくてはという無駄な使命感から、amazonですすめられるがままにブルーレイを購入しておいたので、ようやく見た。


まず、説明が少ない。事前情報が入りまくった上で見る昨今の映画とは違う。しかも、フェリーニ映画の雰囲気と言うのか、もしくはイタリアのお国事情と言うのか、そういうものも掴めていないままの鑑賞なのでなんとなく判断はつくものの自信がないので落ち着かない。


まあそれでも主人公がなんとなく堕落していくのはわかるし、ラストの少女の呼びかけ(聞こえない)も腑に落ちる。人間は額に汗して働くべきなのです。マルチェロ・マストロヤンニはいつも堕落している気がする。彼に任せておけば大丈夫という、安心の堕落っぷり。


ただし3時間は長い。主人公を堕落させるのに3時間もかける必要があるのか。昔の映画はゆっくりだから仕方がないようにも思えるし、カンヌ取ったくらいだからその必要はあるんだろうけど、私としてはブルーレイ買わなくても良かったかな。

 

甘い生活 プレミアムHDマスター版 ブルーレイ [Blu-ray]

甘い生活 プレミアムHDマスター版 ブルーレイ [Blu-ray]

 

 

ザ・マジックアワー

監督・脚本:三谷幸喜(2008 日)
出演:佐藤浩市妻夫木聡深津絵里綾瀬はるか西田敏行

暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市)を雇い、殺し屋に仕立てあげるという苦肉の策を思いつくが……。

海外の映画の設定をそのまま日本に持ち込むのは誰しもが思いつくことだが当然いろいろと無理が出てくるが、その無理を承知で、もしくは無理を笑いに変えて、いろんな時代のいろんな映画へオマージュを捧げた作品。そういえば『グランドホテル』を下敷きにした作品もあったので、今回は替え玉で悪人をだますという点で『お熱いのがお好き』だろう。町の名前も「守加護」だし。いろんな映画のことが思い浮かぶので映画好きな人は楽しめる映画。
三流役者がボスと対面する場面はさすがに面白かった。ただタイトルにもなっている「マジックアワー」のくだりはちょっと面倒臭い。そこそこ重要な鍵であることはわかるんだけども。正しいけどつまらない。といっては強すぎるかな。

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

 

 

クラバート

小学校の頃に少年が大力を得て活躍する『大力ワーニャ』という本を読んだ。確か兄弟の一番下のワーニャという子が役立たずだったのが、寝るときに屋根を持ち上げようとするのを毎晩続けていたらある日屋根がドカッと持ち上がり、大力を手に入れて活躍するという話だったと思う。これがなぜか印象に残っていて、この度『クラバート』を読んでいたらその『大力ワーニャ』を思い出した。調べたら作者が同じ人だった。ちょっと暗い東欧の雰囲気が似てるのかもしれない。ちなみに『大どろぼうホッツェンプロッツ』も同じ人。 

門付けをしてあるいていた孤児の少年クラバートは、ふしぎな夢の声にさそわれて、コーゼル湿地の水車場をたずね見習となった。そして、この謎めいた水車場で、親方に魔法を習うことになる。

水車小屋に迷い込んだ少年の話で、不思議な水車小屋の生活はちょっとしたミステリのようで楽しい。魔法使いの見習いということになるが、魔法ばかり使っていると人間がダメになるとか、良いセリフがたくさんある。さすがに子供のおとぎ話というだけではない。

不思議なことを不思議なまま放り出されるのは私の好みではないのだが、本作品ではあまり気にならなかった。説得力があれば気にならないのかもしれない。人間て勝手です。おすすめ。

クラバート(上) (偕成社文庫4059)

クラバート(上) (偕成社文庫4059)

 
クラバート(下) (偕成社文庫4060)

クラバート(下) (偕成社文庫4060)

 

 

かけはなれた作品で共通点を見つけるとうれしいという話

6月に入ってから家族が一時帰国したので限定的一人暮らしとなり、暇な時間の増加とともに映画を見る回数も増えている。家族がいる時と違い内容を気にしなくて良いので、作品を気安く選ぶことができる。目安としては未見の作品はハズレても挽回できる休日に、見たことある作品は気楽に見れるので平日にしている。新しいものを見るのもいいが好きな作品ばかりなのもまた楽しい。

最近平日に見たのは「男はつらいよ 寅次郎春の夢」「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「パルプ・フィクション」「世界中がアイ・ラブ・ユー」「お熱いのがお好き」。いずれも何回も見ている、明るく楽しい作品である。適当に選んだつもりだが見ているうちに「パルプ・フィクション」と「世界中がアイ・ラブ・ユー」、「世界中がアイ・ラブ・ユー」と「お熱いのがお好き」にそれぞれ共通項を見つけたが、わかるだろうか?

前者の答えはティム・ロスが出ていること、後者はI'm thru with loveが大事な曲として使われていること。特にI'm thru with loveは「世界中~」を見る度に、どこかで聞いたことあるよなー、と思っていたのでスッキリした。

 


Some Like It Hot - Marilyn Monroe - I'm Through With Love

舞踏会へ向かう三人の農夫

それは1914年のうららかな春、プロイセンで撮られた一枚の写真から時空を超えてはじまった―物語の愉しみ、思索の緻密さの絡み合い。20世紀全体を、アメリカ、戦争と死、陰謀と謎を描ききった、現代アメリカ文学における最重要作家、パワーズの驚異のデビュー作。


確か「現代アメリカ文学における最重要作家」という惹句にひかれて購入したような気がする。モースト・インポータントですよ。読みたくなるじゃない。で読んでみたら、うん、まあ、すごいな、と、わかった風を装いたくなる感じ。途中読んでは寝てを繰り返していたら1か月かかった。つまり令和になってからこれしか読んでない。
写真に魅せられた「私」と、写真の3人と、街で見かけた赤毛の女を追うメイズ、3つの話が交互に語られるリチャード・パワーズの長編小説。それぞれの話には写真家のザンダー、自動車のヘンリー・フォード、女優のサラ・ベルナールが物語の鍵として引き合いに出しつつ、近代から現代への変遷、戦争と平和、写真や車の技術、アメリカとヨーロッパなどが絡み合っていて、よくもまあ一つにまとまるものだと感心してしまう。
写真で切り取った情景には撮影者の主観が入るので客観的ではなくなるという話があって、それは歴史と似ているのである。歴史もまた記録を残すことで生まれるが、そこには記録者の主観が必ず入ってしまうので完全に客観的な歴史というものは存在しないのである。これはわりといろいろな人が言っていることで、完全な歴史が存在しないことの理由としてよく語られるところである。
時代に抗おうとする3人の農夫たちもヘンリー・フォードも個人の試みはすべて失敗に終わっている。現代の主人公メイズもまた例外ではない。ただメイズの例でいえば彼の試みは成功したとは言えないが、彼の生きていく上での損得勘定でいえば失敗したとも言い切れない。小さな失敗を糧に大きく前進したとも見れる。3人の農夫の一人であるピーター、ヘンリー・フォード、「私」も同じような結果を出していてこの辺に著者の思惑の一端が現れているような気がしないでもない。

 

 

 

ギターがダメならピアノを弾けばいいじゃない

Dr.Johnが心臓発作で亡くなったそうだ。「機会があったら見にいきたいリスト」からまた一人その機会をなくして消えてしまった。

Dr.Johnはその名前を知らずとも、大抵の人はIko IkoのDr.Johnバージョンをきけば何となく聞いた覚えがあることと思う。あれは曲が有名なだけか?とにかくニューオーリンズのポピュラー音楽をよみがえらせた人として有名。ヒゲと服装もかっこいい。ブルースブラザース2000にも出ていた。

もともとギタリストを目指していたが、ケンカに巻き込まれて手にけがをした(銃で撃たれたらしい)ため、ギタリストを諦めてピアニストになったというよくわからないエピソードがある。なるほど、ギターがダメだった人はピアニストを目指せばいいのか。

 


Dr. John, Iko Iko

 

ちなみに上の動画はDr.Johnによるピアノチュートリアルなんだけども、このシリーズは弾いてるうちにDr.Johnの歌わずにはいられなくなり、ピアノもチュートリアルとは思えないほど盛り上がってしまうので好き。

下はRay charlesのMess Aroundの弾き方を教えるはずがノリノリになってしまうDr.John。めちゃくちゃかっこいい。RIP。

 


Dr. John - Mess Around

車が突っ込むフェンスは私の家(ロシア的倒置)

五月いっぱいで有能な経理であったAさんが退職してしまうので、五月は後任への引継ぎに専念していただいた。一方で私の五月はレンタカー4台運転手4人手配とかアンケート調査手配とか、あとその集計とか、普段はあまりやったことのない仕事ばかりでバタバタしていた。
その多忙週間も昨日で一段落ついて、ようやくAさんを送り出せるというところまで来た。ありがとうAさん、あなたの活躍は忘れません!明日は帰国ですがお気をつけて!うらやましいぞ!
しかし今朝起きると外の様子が何やらおかしい。外に出てみると家の外のフェンスに車が刺さっていた。
 

f:id:enamel:20190601064901j:plain

フェンスにささった車。
セキュリティーの話では、どうも居眠り運転で突っ込んだらしい。帰国のプレゼントにしてはちょっと刺激的に過ぎる。
 

f:id:enamel:20190601064840j:plain

別角度から見ても無残なり。
事故はそういえば五月にもあった。会社の貸オフィスの玄関に車が突っ込んで柱が折れた。これが厄年パワーというものか。通常95万パワーのところ1000万パワー!みたいな。バッファローマンくらいかな。
まあなんにしてもけが人が出なかったのは不幸中の幸い。残り半分となった厄年を安全に乗り切っていきたいところです。