キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

監督:アンソニー・ルッソジョー・ルッソ(2014 米)
出演:クリス・エヴァンススカーレット・ヨハンソンセバスチャン・スタンアンソニー・マッキーロバート・レッドフォードサミュエル・L・ジャクソン

アベンジャーズのメンバーとして戦ってから2年、キャプテン・アメリカクリス・エヴァンス)はS.H.I.E.L.D.(シールド)の一員として活動していた。ある日、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)を世界屈指の暗殺者ウィンター・ソルジャーが襲撃。さらにウィンター・ソルジャーの正体は、キャプテン・アメリカの親友で第2次世界大戦で亡くなったバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)で……。(Yahoo!映画より) 

 前作で現代によみがえったキャプテンがシールドの一員として任務をこなしていた話。ブラック・ウィドウも同僚として登場。この前に「アベンジャーズ」が入るので、時系列でいうと「ファースト・アベンジャー」→「アベンジャーズ」→「ウィンター・ソルジャー」。ちなみに関係ないけどもアベンジャーズDVDの特典映像に「ファースト」と「アベンジャーズ」の間に入るべき、現代に生活するキャプテン・アメリカの映像が少しあって、これを見ると「アベンジャーズ」で助けられる金髪の女の子も出てきたりして、いろいろと納得がいくのでおすすめ。
さて、ようやく現代で活躍するキャプテンの登場である。ストーリーとしては、ヒドラの陰謀成就に障害となる連中に改造人間バッキーを送り込んで消そうとするも、キャプテンと激突!キャプテンと残った仲間たちは頑張って陰謀を阻止!というわかりやすい話である。今回の敵は身内であるS.H.I.E.L.D.内にいるので、誰が敵で誰が味方かわからないのがいつもと違って新鮮な感じ。マーベル映画の得意とする近未来的なメカもたくさん出てきて良い。キャプテンのダサさはメカメカした舞台でこそ映える。そういう意味では前作「ファースト・アベンジャー」はこの映画の前振りである。前振りのために映画を一本作ってしまうんだから力の入れようがわかるというものだが、さらにこれらの作品も全て「アベンジャーズ」の前振りなんだからスケールの大きい話である。史上最大のヒット作となったから良いようなものの、コケたらどうするつもりだったんだろうといらぬ心配をしてしまう。

 

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (字幕版)
 

 

イギリス近代史講義

イギリスにおいて、どのようにして都市が形成され、どのように世界の需要に対応し、どのように工業化してきたか、という本。おおむねわかりやすい。
本書で「成長パラノイア」という言葉が出てくる。未来は過去より便利で豊かで成長していなければならない、というような漠然とした、しかし強く残っている考え方のことかと思う。確かにそういう考え方は現代の日本人にはしみついている。文明的な生活をしている人なら多かれ少なかれ考え方の土台になっている。資本主義の土台と言ってもいいかもしれない。ここ200年くらいはこの「成長パラノイア」の波に乗っていた人類だが、それは必ずしも正しいとは限らない。良い悪いの話ではないが、このまま「成長パラノイア」でよよいのよい、と済ませるには無理が出てきた、限界が見えてきたのではないか、というのが現代のように思える。
現代が過去より便利で豊かで成長しているのは結構なことだが、現代と比べて未来もまたそうであるとは限らないし、そうでなければならないこともない。悪くない状態であれば停滞したって良いのである。
本書では最後にイギリスの衰退について述べている。大英帝国が解消されて以降、イギリスは衰退しているのか?世界での発言力は落ちてきているかもしれない。それでも例えば平均寿命は延びているだろうし、生活面ではどうだろう?少しは便利になっているのではないだろうか。つまり何をもって衰退というか、衰退とは何か?ということが重要なのである。
であれば停滞ということも同様で、経済的には停滞しても、他の面を伸ばすことを考えても良いのではないか。物事は常に一面だけではない。月収は20万円のまま変わらなくても生活にかかるお金が減れば実質的に増収と同じことである。お金に例えている時点で私の頭も資本主義に囚われていると思わないでもないが、世の動きがこのような方向で動いていけば、そしてその考え方が個人レベルにまで染みこんでいけば、より良い落としどころが見つかるのではないだろうか。

イギリス近代史講義 (講談社現代新書)

イギリス近代史講義 (講談社現代新書)

  • 作者:川北 稔
  • 発売日: 2010/10/16
  • メディア: 新書
 

 

そうだコロナが悪い。

このところ忙しさにかまけて更新を怠っているのはいつものことながら、いつもと違うのは新型コロナウイルスによる忙しさ、いや忙しくはないのだが気忙しい心持なのはコロナも一役買っているのではないか。そうだコロナが悪い。

コロナコロナで海外協力隊が全部撤収するらしいと聞いたのが今週のはじめで、いや来週らしい、いや土曜日になった、やっぱり金曜日!ということで今朝皆さん一時帰国の途に就いた。しかも島に来ている唯一の飛行機であるユナイテッドは今朝の便を最後にしばらくフライトはなし。どころか来月半ばまでキャンセルされ、マーシャルは期間限定の孤島と化した。これについてはマーシャル保健省とユナイテッドの面白い話があるのだが、それはまた別の話。

それで何が忙しいと言ってむしろ仕事は減って暇になりそうなものだが、それは後の話で今のところは関係各所への連絡などをし、また周りの人がコロナ対応で忙しい余波でなかなか返事がもらえなかったりしてこちらも忙しい気分でいる。

実のところ、浜の真砂は尽きるともなにかとやらなくてはならないことは尽きないので、外の世界との行き来が途絶えている間に少しでも宿題を減らしておいて後に備えたいというのが本当のところ。

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

監督:ジョー・ジョンストン(2011 米)
出演:クリス・エヴァンストミー・リー・ジョーンズヒューゴ・ウィーヴィングヘイリー・アトウェル

1942年。兵士として不適格とされた貧弱な青年、スティーブ・ロジャースは、軍の極秘実験「スーパーソルジャー計画」により「キャプテン・アメリカ」として生まれ変わる。身体能力を極限まで高めた強靭な肉体を手にし、同時に正義感に溢れる彼の魂も、極限まで高められる。戦う敵は世界征服を目論むレッド・スカル率いる悪の組織ヒドラ。捕らえられた仲間や親友を救うため、キャプテン・アメリカは特殊装備に身を包んで敵地に向かった!(amazonより)

マーベル作品も見つくした*1ので、ついに『キャプテン・アメリカ』に手を出す。手を出さなかった理由は、他のマーベル作品で見た「いかにも正義の味方」然とした態度や恰好がイマイチ、というか好きになれなかったから。昔から存在するキャラクターだしある程度は仕方ないと割り引いても、要するにダサい。
ところが本編ではその「ダサさ」についてもきっちり説明がついていた。衣装については国債を売るパフォーマンスための衣装だったから、態度については善なるものはより善になるという薬の効果という風に、その「ダサさ」はうまく設定に生かされてしまったのである。これが原作通りかどうかはわからないが、映画用の後付けだとしたらうまくやったものである。
「ダサさ」が解決されてしまうと、親友を救うために一人で敵陣に乗り込むキャプテンを応援しない理由はない。がんばれキャプテン!やっつけろヒドラ!でも、あれ?なんか敵陣の作りがチープ・・・。時代設定のせいかアベンジャーズを見すぎたせいかわからないが、建物内の背景にすごく70~80年代SF感がある。そのせいかラスボスであるレッドスカルとその周りも、なんか子供っぽく見える。「子供っぽい」、それはマーベル作品の全否定になってしまう。それを言っちゃあおしまいよ、である。おそらくマーベルファンが一番言われたくないであろう言葉である。設定や作り込みでそう感じさせないのがマーベル作品のすごさだと思っていたが、とりあえずその辺には目をつぶって見た。いや目は開いていたが、この飛行機は無尾翼式だ~とか思いながらやり過ごした。
ただ、映画のラストでキャプテンは現代のアメリカを見る。自分の知ってるアメリカとの違いに驚愕する。キャプテンびっくりの図。この現代の騒々しさとの対比のためなのであれば、過去のチープさにも納得はできるというか、仕方ないというか。でも子供っぽくないのを見たいよなあ。続編は現代での活躍になるのでそっちで楽しめということかもしれない。そう思って続編に期待。

*1:見ていないのは「キャプテン・マーベル」と「ハルク」。ハルクかあ。

驚きの英国史

ノルマン・コンクエストマグナ・カルタアーサー王アイルランド問題、フォークランド紛争といった英国史の出来事がイギリス(主にイングランド)人にとって、どういう意味を持つかということをまとめた本。どのエピソードも読みやすく面白くまとまっているが、事柄によっては詳しい説明がないものもあるので、ある程度の知識がないと楽しく読めないかもしれない。
もっとも興味深かった話はノルマン人が持ち込んだ英語の話で、先日読んだ「アングロサクソンと日本人」とも重なる内容だが、ノルマン・コンクエストによりノルマン人支配層がフランス語を持ち込んだせいでその後の英語に大きく影響したという話。「buy」と「purchase」、「goods」と「merchandise」、「end」と「finish」といった風に、英語にはほとんど同じ意味の単語が二つあるのはこのため。後者がノルマン英語で、確かにフランス語っぽくも読める。実際に英文でもカタい文章にはこういう単語が多く使われるので、英語圏の人もフランスというか大陸に対して、無意識に堅苦しいイメージを持っているのかもしれない。と思うと面白い。 
驚きの英国史 (NHK出版新書)

驚きの英国史 (NHK出版新書)

 

 

天下分け目の関ケ原の合戦はなかった

歴史の本には衝撃的なタイトルをつければ良い、と思っている人がいるのかいないのか、そういったタイトルは多い。この本がどちらに入るかはわからないが、本の主旨としては、従来言われていたような東西両軍の激突は無かったという意味で「関ケ原の合戦はなかった」けども、少し違った形では「関ケ原の合戦はあった」。ただしその著者の説も西軍はグダグダだったとかで、そんなに珍しい内容ではない。それでもいろんな資料が紹介してあるのは楽しい。 

がんばれ日本の本屋さん

日本に帰った時に楽しみなのが本屋さん。amazonと違って何も考えずにいろいろ探せるのが良い点だが、最近の本屋さんはどこも同じような陳列で面白くない。金太郎飴じゃないんだから均一なのはサービスだけでいいのに。これではお客さんが減っても仕方がない。
努力してないとは言わないが方向が間違っている。売れる本を多く並べたいのは理解できるけども売れ筋ランキングを並べるのではamazonと変わらない。本屋さん、本好きじゃないんですか?と聞きたくなる。並べ方なんてどうでもいいので(どうでもよくはない)、もっと内容にこだわってほしい。もっと偏った品揃えが見たい。他のお店と違いを出せれば、お客さんはすぐ集まると思うんだがなあ。