奥田英朗

最悪

奥田英郎の長編小説。さっくり読めるエンターテイメント。あんまり覚えてないけどそんなに最悪でもなかった。あ、工場の人が追い詰められていくのはちょっと最悪な感じだったかも。ちょっと最悪ってなんだ。最悪 (講談社文庫)作者: 奥田英朗出版社/メーカー:…

延長戦に入りました

オリンピックの身代金

奥田英朗の長編サスペンス小説。 東京オリンピックを前にして沸き立つ東京が舞台。主人公は、土方をやっていた兄の死をきっかけに東京だけが享受する繁栄に疑問を抱き、その象徴であるオリンピックを引っくり返す作戦を立てる。 日本は、作中でスリのなんと…

邪魔

奥田英朗の長編ミステリ?サスペンス?なんとも分類しがたい。 ちょっとしたことから日常が崩壊していく様子を丁寧かつドライに描く。展開が早いのが良かったのか、読みやすく面白かった。邪魔(上) (講談社文庫)作者: 奥田英朗出版社/メーカー: 講談社発売日…