タイピスト!

監督:レジス・ロワンサル(2012 仏)
出演:ロマン・デュリス、デボラ・フランソワ
女性にとって大人気の職業が秘書で、さらにタイプライター早打ち大会に勝つことが最高のステータスだった1950年代のフランス。田舎出身のローズ(デボラ・フランソワ)は保険会社の秘書に採用されるが、ぶきっちょで失敗してばかり。そんな彼女の唯一の才能であるタイプ早打ちに目を付けた上司ルイ(ロマン・デュリス)は、二人で協力し、タイプ早打ち世界大会に出ないかと提案する。Yahoo!映画より)


映画『タイピスト!』予告編

 

 1950年代、フランスの田舎町の女の子が都会に出てタイピストになり、早打ち選手権で優勝を目指す話。タイプしか能のない主人公が上司に鍛えられるうちにお互いに特別な存在になるという、よくある話であるが、早打ち大会の場面はなかなかエキサイティングで楽しかった。音楽も軽快。ただ子供も見れそうなラブコメディということで(制限なしのレーティングG)見たので、ラブシーンをもう少し早めに切り上げてくれるとなお良かった。
 50年代フランスというとジャック・タチの映画に出てくる時代で、服も車も部屋の調度もカッコいい。特に車はパリの全国大会の場面でたくさん走っていたが、よく集めたものだ。戦後すぐだからいろいろ大変なことはあっただろうけど、いい時代である。