ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

 監督/脚本:ジェームズ・ガン(2014 米)
出演:クリス・プラットゾーイ・サルダナデイヴ・バウティスタブラッドリー・クーパー、カレン・ギラン、カート・ラッセル

ピーター(クリス・プラット)は“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のまとめ役として、刑務所で出会ったくせ者たちを率いている。宇宙一荒っぽいアライグマのロケットは、ブツブツ文句を言いながらも小さな相棒ベビー・グルートと共に銀河の平和を守るために奮闘。緑色の肌を持つ美しい暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)らと共に行動し……。(Yahoo!映画より)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのvol.2。日本ではなぜか「リミックス」としている。前作のラストでAwesome Mixのvol.2が見つかっているんだから、タイトルもvol.2のままで良いのに。
映画は二作目ということで登場人物の背景を掘り下げる鉄板進行。脛に傷もつ曲者たちなので、掘り下げればいくらでもストーリーが出てくるのは強いところ。今回は前作でも話に出ていたピーターの父親についての話をメインに展開する。父親がカート・ラッセルデビッド・ハッセルホフ、どちらが良いか?なかなか難しい問題である。生みの親より育ての親とはよく言ったもので、ピーターが選んだのはマイケル・ルーカー*1!前作からピーターといがみ合っていたが、今作で判明した事情と行動を鑑みると、MCUきっての聖人といっても過言ではない。良い人だっただけにラヴェジャーズへの弁解の機会が無かったのが残念である。
しかしマーベル作品は本当に手放しでボケっと見てしまうので書くことが少ない。毎回、ここはこうなるのかーとか、こんな人も出てるー!とか。子供と一緒に楽しく見られるので、これはこれで良い。

 

*1:この人こんなに(人として)良い役をやったことあるんだろうか?