ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー

監督:ロン・ハワード(2018 米)
出演:オールデン・エアエンライクウディ・ハレルソン
内容:ハン・ソロができるまで。
スターウォーズハン・ソロである。皮肉屋で自信家でええかっこしいの頼れるパイロットが帝国軍との戦いに加わるまでどのように過ごしていたかを描き、描きつつスターウォーズの世界をもっと堪能したいという向きを満足させるためのスピンオフである。タイトルが決まった時点で入り口と通過点と出口は決まっているが、そのなかでどれだけ意外性を出すかというハードルが用意された、なかなかに難しい映画化であったに違いない。
以下ネタバレを含みますが、そういう意味では元シリーズでの細々とした設定を伏線として回収することには成功していた。あとは意外性と本編につながる終わり方であるが、良い意味で期待を裏切ったのはあのおっさんが実はウディ・ハレルソンだったということくらいで、他にはサプライズと呼べるものは感じなかった。また終わり方も本編につながっていると言えるのかどうか。ダース・モールが出てきてアレー?この人知ってるー、と思うことが本編につながっていると言えるのかどうかだ。むしろ本編との間にもう一本くらいスピンオフ作るのかな?というのが正直な反応。
なのでその辺は今後の展開にもよるのかもしれないけども、スターウォーズ世界をしっかりと見せてくれたという意味では及第点。ただ期待値は相当高かっただろうので、一般的には評価が低めかもしれない。