トゥモローランド

1964年NY万博で発明品を持ち込んだ男の子と、NASAで働く父のために発射台解体を妨害する女の子、それぞれが見いだされ、トゥモローランドへのバッジを入手し、トゥモローランドへ行くことになる。が、トゥモローランドは既に崩壊しかけていたのだった。実はすべてを制御するモニターが崩壊の原因だった!だからぶっ壊す!特に裏付けはないが!という物語。
最初から最後まで、敵も味方も「選ばれた者だけが!」と選民思想丸出しで驚いた。さすがディズニー!おれたちにできない事を平然とやってのけるッそこにシビれる!あこがれるゥ!映像はきれいで、仕掛けも遊園地みたいで楽しかったんだけど。