「考える力」をつける本

朝日新聞で“素粒子”を書いていた著者。ただし「考える力」をつけるための本というより、著者はこういうやり方で今までやってきました、楽しかったです、という本。
こういったハウツー本で紹介されるべきハウツー、つまり物事のやり方は誰かがこうすべき、と考えたものであるわけだけども、それを人に読ませる以上はその手順や分類をしっかりとするべきだし、なにがしかの裏付けもほしいところ。私なんかその手順への落とし込みを読みたくて読んでいるのに。しかしてこの本にはそれらが全く欠けているのでハウツー本とはいえず、ただのおじさんの説教に終始してしまっているように思える。