流星の絆

「最近の本を読もう」キャンペーンの一環としてスギさまに借りた本。
両親を殺された3人が時効寸前に犯人を追い詰める話。推理小説というには与えられる証拠が足りない。ドラマというにも盛り上がりに欠けるというか。
東野圭吾の本は読みやすいしそこそこ面白いのだが、どこかで見た映画を2本混ぜあわせたような感があるのはなぜだろう。かといってパクリだとは思わないのだけれども。ちなみに今回思いついた映画は「ファミリー・ビジネス」ともう一本何か。犯人が××という話。それもなんだったか気になるなあ。

流星の絆

流星の絆