座頭市

監督/脚本/主演:北野武 (2003 日本)
内容:按摩、浪人、芸者2人の訳あり3組が立ち寄った宿場町で一悶着起こる。
内容は単純で、薄いといえば薄いが、それは勧善懲悪の時代劇だから仕方が無い。むしろ薄い内容を深く面白く見せることが監督の腕のように思う。
座頭市を金髪にしたのは作品世界の中でのエイリアンであることと、勝新太郎版を代表とする従来の作品とは(正に)毛色が違うということの強調ではなかろうか。あまり違和感は無かった。よくよく考えてみれば按摩で居合の達人という設定が既におかしいといえばおかしいので、元々何が起こってもおかしくない時代劇ではある。
所々コメディアンならではのベタな笑いがあって素直に笑えたが、そのせいで映画全体があまり張り詰めていない。それが狙い通りかどうかは不明。ちゃんとした時代劇を期待している向きには不評かもしれないが、万人向けではあると思う。
座頭市が実は目明きであるというのはおそらく最大のタブーと言うか裏切りだと思うが、もっとも監督が言いたかったと思われる「盲の方が人の気持ちがよく見える」「目が明いていても見えないものは見えない」というセリフを言わせるには必要な設定なので仕方ない。