キル・ビル vol.2

監督:クエンティン・タランティーノ(2004年 アメリカ)
出演:ユマ・サーマンデヴィッド・キャラダインダリル・ハンナマイケル・マドセン
内容:元殺し屋が組織を抜けて結婚しようとしたら襲われたが、奇跡的に生き延びて復讐。のvol.2。
キル・ビル』の続編。戦闘シーンがグロいと評判だった(実際はグロというほどグロくはなかった)ヒステリー気味の前作と比べると、敵がマイケル・マドセンデビッド・キャラダイン(そしてダリル・ハンナ!)と男臭さを感じさせる相手だったせいか『レザボア・ドッグス』を思わせるような落ち着いた感じ。 "kill is love"とラブストーリーを謳っている内容もこれを加速させている。
前作で謎として残っていたものは、タランティーノが日本好きなせいかどうかはわからないが、どこか聞いた事のあるような伏線、というか小ネタ?として物語のいたるところに埋め込まれていて解明されるのでとりあえず不満はない。ラストのどんでん返しというかこの作品がラブ・ストーリーたる部分もスッキリした解決ではないが一応納得。奥歯にモノのはさまったような感想だが、なんというか前作の受け皿としての作品として考えれば不満はないのだが、ただ続編というものは前作以上の期待に晒されるものなので、前作を越えるようなものがあったかといえばそれは存在しなかった。
要するにタランティーノはブロンド美女にドッカンドッカン大活躍させたかっただけで、それを根っことして自分の趣味を枝葉としてテンコ盛りにしたのが『キル・ビル』だ(断言)。